FC2ブログ










それでも来た道(柴田淳) 

私にとって柴田淳さんの曲の中で
一番好きな曲であり、
私にとっての「人生棚卸し」の曲です。

私個人の独断と偏見で感じ取っているので
参考にならないかもしれませんが、
私は、恋愛感情は省いて、
自分自身に言い聞かせている歌なんです。

「振り返るなと立ち止まるなと歩き続けて、
 このの果ては、未だに、何一つ見えやしない」

このフレーズで今の
ちゅうぶらりんな自分自身の人生
照らしだされます・・。

しかし、
「なぜか涙があふれても、それでも来た道
このフレーズを聴いて・・、

過去の自分が歩んだは否定できない。
涙流してでも、それでも来た道だから・・。

と思い込んで聴いています。

私の場合は勝手に「人生」に置き換えてますが、
みなさんはどういう感じ方をされますか?

ホント透き通る声なだけに、心に響きます・・。



(引用)You Tube


柴田 淳 - それでも来た道 - EP ←ituneをお持ちの方はコチラからダウンロードできます。

歌詞はこちら歌詞サイトに移動します。



スポンサーサイト





(皆様の応援が更なる情報、共感を集めます。 是非クリックをお願いします)
にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング ドット ネット
(スポンサードリンク)

[ 2008/05/29 22:28 ] 人生ソング | TB(0) | CM(8)

太陽ピカピカさんへ

コメント有難うございます。
杏里さんもいいですよね・・。

浜田省吾さんも好きですよ~。

もしよかったら、どの曲がよかった!
またどういう思い入れがあるか!
について教えて頂けませんか?
よろしくお願いします<(_ _)>
[ 2008/06/03 21:27 ] [ 編集 ]

はじめまして

足跡から来ました。

柴田淳の歌はいい歌が多いですよね。大好きです。
上では杏里の曲を紹介されていましたが、あの曲も私の好きな曲なんですよ~。
杏里は昔の歌の方がいい歌、大好きな歌が多いです。

昔の浜田省吾の歌も好きだったりします。でもこのサイトのカテゴリにはあまり合わないかもしれないけれど。

またこのサイトに来たいのでお気に入りに登録していきます。よろしくです。
[ 2008/06/03 18:44 ] [ 編集 ]

にゃんこ先生へ

柴田淳・・。
おススメのアーティストです。
まだまだ名曲はたくさんありますよ~。
またアップしていきます。
お楽しみに~。
[ 2008/06/01 15:11 ] [ 編集 ]

タミさんへ

ふふふ・・。
呼ぶのはどちらでもよいですよヽ(*⌒∇⌒*)ノ

タミさんも思い入れの深い曲なのですね。
そういう曲!
びっしばし教えてくださいね( ̄▽ ̄)b
[ 2008/06/01 15:11 ] [ 編集 ]

Σd(ゝ∀・)イイッ!!

こんばんわぁ~
柴田淳さん、、、実はにゃんこはテレピを見ない人なので全然知りません_| ̄|● il||li
でもすごくすてきな曲ですね~
感動しましたぁ
。・゜゜・( ̄◇ ̄°*) ・゜゜・。ウワァーン!!
[ 2008/05/30 22:37 ] [ 編集 ]

こんにちわ~☆
エルさん・・というかtakatakagoさんってここで言っていいのかな・・?(笑)
柴田淳大好き~☆めっちゃ彼女の歌声聞いて優しい気持ちになるし癒されますv-10
歌詞がほんと泣けてくるんですよ~独身時代・・失恋したとき彼女の歌聞いていっぱい泣いてすっきりしたという感じでしたi-230
[ 2008/05/30 12:13 ] [ 編集 ]

一馬力さんへ

コメントありがとうございます。

しばじゅんいいですよね~。
あの透明感のある声に、切実な歌詞。
夜、ドライブでCDを聴いたら、
ジーン・・。とするでしょうね。

「拝啓、王子様☆」私も大好きです。
一馬力さんのリクエスト受け付けました。
また遊びに来てくださいねヽ(*⌒∇⌒*)ノ
リンクのはしっこにでも入れていただければ
幸いです。
[ 2008/05/30 07:08 ] [ 編集 ]

柴田淳素敵ですよね

はじめまして^^

柴田淳、本当に素敵ですよね。
泣けるんです。

声、メロディー、歌詞
全てが心にしみて泣けてきます。

ドライブのお供に柴田淳のCDを流し
涙がこぼれてきて
少し困った事があります(前見えなくて厳しかったです^^)

いいですよねぇ。柴田淳

少し色が違いますが
「拝啓、王子様☆ 」
も好きだったりします。

インディーズで頑張っている
自分の友達(♂)を思い出してしまうんですよ^^
[ 2008/05/30 07:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bestsong.blog61.fc2.com/tb.php/18-82694113